Photoshop & Illustratorでつくる手描き感デザインに作例参加させていただきました

3月23日発売のMdNコーポレーション様刊『Photoshop & Illustratorでつくる手描き感デザイン』に作例にて参加させていただきました。




私は、7つの作例に参加させていただきました。





具体的には、以下の作成です。

Ch3-06 写真を絵の具タッチのイラストに加工する
Ch3-11 Illustrator のブラシを使って描く手描き風の動物イラスト
Ch3-12 自作のブラシを作成して文字や飾り罫をつくる
Ch3-14 Photoshopで、スクラッチの手法を用いてイラストを描く
Ch4-05 水彩風に加工した背景テクスチャとイラストでつくるポスター
Ch4-06 手描きのイラストや文字を使ってフライヤーをつくる
Ch4-07 水彩風に加工した背景パターンを使ってカタログデザインに活用する

Illustratorしかり、Photoshopのブラシについての説明なども1章で詳しく解説されており〜
基本的なところから、応用編まで、じっくり理解できる内容です。

個人的には〜他のデザイナーさんの作例から勉強させていただくこともあって、
ひとつ新しいテクニックを知ると、また違った新しいアイデアとして広がっていくように思いますので、引き出しストック追加になる一冊だと思います。
たくさんの方に手にとっていただけると幸いです。
本の内容は〜詳しくはこちらからどうぞ!

書籍のデザイン

2月2日に誠文堂新光社さんから発売されます『ほんわかクラゲの楽しみ方: ゆらゆら、ふらふわ。眺めて、癒される。』著者:平山ヒロフミさん、監修:アクアパーク品川さんの書籍のデザインを担当させていただきました。





クラゲの飼い方などの情報から、クラゲを見れたり体験できる場所の情報などビギナーさん向けでもあり、はたまた写真集のような美しい写真がたくさん載っていますので、写真好きな方も、水族館にクラゲを撮影にいきたくなるような、まさに ”楽しみ方" を学べる本かと思います。ぜひぜひお手にとっていただけると幸いです。


旅する素材集〜中身編

本の中身をビデオでとってみました。
中身をちらっと見ていただけるようであれば幸いです〜





パラパラっとみていただくと、イラスト素材がいっぱいのイメージかと思います。イラスト素材は、ほぼ(一部PNG/JPGのみのものもあります)8割ほどEPS素材で収録しておりますので、便利に使っていただけるのでは〜と思っております。

ぜひさらに手にとってみたいな、と思っていただけるようであれば幸いです。

旅する素材集〜作例編

発売から約一ヶ月、と遅めの本の紹介です。。。
本書には、作例のようなものは掲載されていないので、今日は、作例を少し作ってみました。季節にちなんで、クリスマスに簡単に作れるガーランドライトなどです。



P113に掲載のクリスマスモチーフのパターン素材を使って、
針金式のガーランドライトに通して使ってみました。


Joyeux Noël (メリークリスマス)や Meilleurs Voeux(Best Wishes ) などのことばを添えてもよいかもしれません!プレゼントのタグなどにも使えそうです。




上のようにカットして、台紙にはって立てます。


クリスマス飾りの背景に置く台紙など。


次に、イラストやフレーム、文字素材を使ってカレンダーなど。




カレンダーの文字も、素材集に収録されている文字・数字です。
絵柄は、フレームとイラスト素材を使っています。お猿さんは、サーカスをテーマにしたP37に掲載しております。フレームなどを使うとアクセントになるかと思います。




これは、切り取り線カッターなのですが、これで定規をひくように紙の上をカットすると
点線上にカットできるので、、、、





こんな風に、カレンダーをカットできるので、
本格的な手作りカレンダーが作れたりします。



趣向を変えて、パンばっかりの素材などにしたり、
絵柄はお好みで変えれるので、その月ごとに、思い入れのあるテーマで
作ってみるのも良いかと思います。



切り取りカッターがなくても、台紙四隅に穴をあけて、リボンを通してカレンダーを
固定できるようにすることも可能です。ハガキサイズなので、カレンダーが終わったら、
好きなハガキを貼って飾れるなど、楽しめるかと思います〜


以上、クリスマス、そして新年に向けた作例でした。

旅する素材集 フランスの年中行事と雑貨





玄光社MOOKより旅する素材集 フランスの年中行事と雑貨を出版させていただきます。

この企画は、日頃とてもお世話になっているスタジオポルトさまからお話をいただいて実現していただいたものです。5月に構成が決まり、そこから制作〜の長い道のりでしたが、フランスに関する書籍を出させていただけこと、個人的にも思い入れが深い一冊です。
毎回思うことですが、編集さん、版元さん、カメラマンさん、そして校正を引き受けてくださったVさん、、、たくさん助けていただいて、、、皆さんに感謝申し上げます。

1冊になったほぼ同じタイミングで、フランスで悲しい事件が起きてしまい、この数日、私自身も正直なところ仕事に身が入らず、、、情報を知るたび心痛する日々で、、、この本の告知も発売日の今日までなんだか、文字を書く手がすすまず、、、複雑な気持ちで今日を迎えてしまいました。非常事態になってしまい、このまま悲しみや怒りの連鎖がフランスだけでなく世界中に広がっていかないことをただただ祈ります。
そして、毎日大切な人の無事を思うばかりです。

と、今こうして書き連ねているところに、本の見本誌が届き、印刷も良い感じであがっていてホッとしました。。。
版元さんサイトより立ち読みもできるようですので、ぜひ中身をご覧になっていただけるようであれば幸いです。

本の情報のリンクはこちら

また後日本の中身などについて、少しずつご紹介していければと思います。

旅する素材集。どうぞよろしくお願い申し上げます。

ピアノ&バレエ教室のためのプログラム・セット素材集

リットーミュージックさまから10/16に発売されます

ピアノ&バレエ教室のためのプログラム・セット素材集』の素材制作に参加させていただきました。




プログラム・ポスター(チラシ)・カードが簡単に編集して作成できるフォーマット素材が入っている素材集です。
それぞれのセットのカテゴリとして『モチーフ』・『ストーリー』・『シンプル』に分かれており、
例えば、『モチーフ』では、




森の音楽会をテーマにしたもの

以下の『ストーリー』では、くるみ割り人形をテーマにしたもの




以下の『シンプル』ではフラワーガーデンとしてお花をテーマにしたもので作成させていただきました。




プログラムの素材は、『ストーリー』があと、白鳥の湖と、眠れる森の美女の2種類も担当させていただき、5種類作らせていただいております。

その他、表彰状など発表会などで使うアイテムも担当させていただきました。




ラインスタンプ承認いただきました

前のブログ記事で少し触れておりますが、今年1月末あたりにラインスタンプを申請していたのですが、やっと9月に承認連絡がきました。。。正直、承認されない例もあるのかしら、と思うほど長かったです。。。

今や、ラインスタンプは、山のようにありますので、おそらくすぐ埋もれていきそうですが、、、もしフランス語と日本語両方で使えるスタンプをお探しの方は、ぜひぜひ便利に使っていただけると幸いです。

スタンプですが、リンクも貼らせていただきます。ちょっとストーリー風にもなっているので見ていただけるだけでも嬉しく思います。

リンク


9月に入り、現在の仕事が佳境ですが、また紅葉がきれいな、ちょっと肌寒くなってきたな、というころに、お知らせできるよう、しっかり頑張りたいと思います。

いい年してラインスタンプ制作、、、ともちょっと思っておりましたが!やはりこうやってみると嬉しいものです。。。

今年も半分が過ぎ去りそうな今日この頃

仕事の告知用のブログですが、マメにアップできないだろうので、、、あえて日付のないブログなのですが、今日は6/13です。毎日早いなあと思う今日この頃です。

2月ごろかと思いますが、花イラスト素材集を発売させていただく際に、個人的な小さい計画をホームページにのせていましたが、見事に何もやっていません(汗)

早速言い訳になりますが、、、
今年は、それでもありがたいことに〜秋口まではお仕事で進めていることがあって、それに没頭しております。おそらくこの企画は、その後に第一弾を進めれることができれば、、、と思っています。

この企画にからめて、実は、私なども、ラインのスタンプ申請をしておりまして、これ1月末に申請したのですが(イラストは2日で書いたという、、、、ちょっとユルめのスタンプです)フランス語表記にしたので、許可がおりるまで時間がかかるのか、、、、ずーーーーっと審査中になっています。このまま却下されたりしないのだろうか、、、と思ったりもしますが、もし販売できるようになれば、この企画の第一弾になりそうです!













ちなみに、、、スタンプの一個なんですが、Casse-cul !ということばで、辞書では、うるさい、腹の立つ、という訳になってるんですが、カタカナ書きすると、カセキュ!みたいな感じですが、コレ、、、実は、enerver (いらいらする)とかって日本語でなんていうの?とフランス人に聞かれた時に、ムカツク、かなあ、、、と答えたら、「ムキャツゥク」とフランス人風発音で発音されたあと、「ムキャツゥク.....キャスキュ、、、カスキュ、、、」みたいにブツブツいったあと、「カセキュ!」と叫び、その場にいたフランス人たちと内輪笑いされたのでした。。。。私は、Casse-cul !というのは初めて聞いたので、ポカーンとしていましたが、後で辞書で探したら、なるほどな。と理解し、覚えたあまり使ってはいけないフランス語です(笑)
おそらく、くだらない言葉をよく教えてくれた人だったので、、、、もしかしたら本当の意味で使ってはいけないフランス語かもしれませんけど、、、(ちなみに、casseは壊す、culは、お尻という意味です。)申請したスタンプに入っており、結構気に入ってます(笑)


よかったら自発の企画のリンク貼りますので、ぜひ見てやってください。
LINK